マンションの売る場合の手続きの流れと必要なお金

所有しているマンションの売却を考えている人の中には、自分でやるべきことがわからないことでいつまで経っても処分ができない人も少なくありません。物件の売却は法的な手続きも必要となるので、正しい手順で行うことが大切です。

そこで今回は、マンション売却に掛かる費用を含めた手続きの流れや高額で売却するためのポイントについてご紹介します。

→マンションを買う?それとも借りる?購入後に売るコツも紹介!

マンションの売却を専門としている不動産業者に依頼をする

マンションの売却手続きは個人で行うこともできますが、書類の準備や物件の宣伝、購入希望者との交渉までやらなくてはいけないことがたくさんあります。仕事をしながら空き時間を利用してこれらの手続きを進めるとなれば、かなりの時間が必要となるので、いつまで経っても売却をすることができません。

不動産業者に依頼をすれば、こうした面倒な手続きを全て代わりに行ってくれます。とはいえ、一口に不動産業者と言っても会社によってそれぞれ得意としている分野が異なるので、マンションの売却を得意としていてなおかつ実績が豊富な所を選ぶことが大切です。

信頼できる不動産業者の見極め方

不動産業者の中には、自社の利益だけを考えていい加減な仕事をしたり、法外な仲介手数料を請求する悪質な業者も少なからず存在します。こうした悪質な不動産業者に依頼をしてしまうと、大きく損をしてしまうので依頼をする時は信頼性の有無について見極めることが大切になります。

信頼できる不動産業者の見極めのポイントの一つに挙げられるのが物件についての説明です。住宅の査定は主に立地、築年数、周辺環境などが影響してきますが、これらの条件が全て基準を大きく上回るケースはそれほど多くはありません。

信頼できる不動産業者であれば、良い点だけでなく問題点もしっかりと指摘してくれます。契約を結んでほしいがために問題点を挙げずに良い部分だけを伝える業者は信頼できるとは言えません。不自然なほど高い査定額を提示してくる業者も注意が必要です。

これは高額な査定で売買契約を結ばせて、売却手続き中に何かしらの理由をつけて金額を下げる悪質な業者の典型的な手段の一つになります。売却のおおよその相場はインターネットで確認することができるので、不自然な査定額を提示された場合は契約をせずに他の業者を探すことが必要です。

買い手との売買契約で必要な準備

物件の買い手が見つかったら仲介の不動産業者を通して売買契約を結びます。契約を結ぶ上で必要となる書類はいくつかありますが、中でも特に重要となるのが実印や身分証明書です。本人であることを証明するためのこれらの書類を用意されていないと、契約の手続きを行うことができません。

実印であれば近くにあるお店で認印を購入して契約を交わし、後日実印が押されたものと交換するという対処で乗り切ることはできます。しかし、身分証明書は法律上、別の物で代用というわけには行かないため、自宅に取りに帰るか契約を別の日に変更してもらわざるを得ません。

このような二度手間を避けるためにも、必ず持ち物の確認をしておく必要があります。

売却する上で必要となるお金

売却をする上で知っておかなくてはいけないポイントがいくつかあって、その一つが諸費用になります。まず基本となるのが不動産業者に売却の手続きを依頼する場合に発生する仲介手数料です。これは文字通り売り手と買い手の仲介業務に対する報酬のことで、支払う金額は会社によって上限や設定価格など細か違います。

不動産業者に依頼をせずに個人で手続きを進めればこの費用は発生しませんが、現実的には難しいのが実情です。そのため、仲介手数料の仕組みをしっかりと理解して、費用が少なくて済む業者に依頼をすることが望ましいと言えます。

諸費用の中で意外と見落としがちになるのが税金の支払いです。物件の売却には様々な税金が発生する仕組みとなっていて、支払う金額はマンションの売却によって得た利益によって変わります。中でも譲渡によって発生する所得税は、控除の利用によっては支払額を数百万円以上抑えることもできるので、しっかりと理解をして活用することが大切です。

売り手とトラブルを起こさないための注意点

業者に依頼をする上で守らなければいけないのが、正確な情報の伝達です。住宅ローンの返済のトラブルや引越しなど、マンションを売却する理由は人によってそれぞれ異なります。売却希望者の中には、高値で売却をしたいがために都合の悪い情報を伝えずに不動産業者に依頼を結果、契約後に買い手とトラブルになるというケースは少なくありません。

買い手への情報開示は売り手の義務であり、売買契約は相手との信頼関係の上で成り立っている以上、包み隠さずにしっかりと情報を開示することが大切です。自分にとって取るに足らなくても、買い手にとって重要なこともあります。

無用なトラブルを避けるためにも、自己判断をせずに気になる点はとりあえず不動産屋に伝えておくことが大切です。

スムーズに物件を処分するコツ

少しでも高く売りたいというのは誰しもに共通する思いですが、高額で売却をするためには自分なりの努力も必要となります。その一つが自宅の清掃です。住んでいる物件を売却する場合、購入を検討している人が内装のチェックに訪れることがありますが、室内にゴミや物が散乱している状態では印象を悪くしてしまいます。

新築物件のようにとまではいかなくても、最低限清掃や整理整頓によって見た目の印象を良くして、購買意欲を持たせることがスムーズに売却をするための大事なポイントです。内見に来る時だけ部屋を広く見えるように配置換えをしてくのも有効な手段となります。

スピードを重視する人向けの買取

マンションの処分というと、一般的に購入希望者を見つけて売買契約を結ぶ仲介をイメージされがちですが、仲介以外にも買取という処分方法があります。これは文字通り不動産業者に物件を購入してもらう方法です。買取を利用する大きなメリットが処分までのスピードの速さになります。

仲介で処分をする場合、物件の情報開示や売り手探しなどの問題から、処分までに数ヶ月程度の時間が掛かってしまうのは否めません。しかし、買取は不動産業者との直接交渉になるので探す手間も必要なく、手続きを始めてから1ヶ月以内に処分をすることもできます。

また、物件の情報を開示する必要がないので、周囲に売却をすることを知られる心配もありません。諸事情ですぐにでもまとまったお金が必要、近所の人に知られずに処分がしたいという人にとって買取は最適な選択肢と言えます。

ただし、仲介に比べて売却の値段が低くなってしまうことも多いので、高値での売却という点を譲れない売り手には向いていません。