マンションを買う?それとも借りる?購入後に売るコツも紹介!

「いつかはマイホームを購入したい」「気楽な賃貸のままがいい」など、家に対する価値観は人それぞれ違いますよね。マンションを買うのと借りるのとでは、実際どちらがお得なのでしょうか。そこで、マンションの購入と賃貸について、それぞれのメリットやデメリットを深掘りしていきます。

購入したマンションを売るコツもお伝えしますので、参考にしてくださいね。

→マンションの売る場合の手続きの流れと必要なお金

マンションを購入するメリット

マンションを購入した人の多くがメリットにあげているのは、そのマンションが自分や家族の資産になるということです。他人の借り物ではなく、自身の所有物になるという安心感が高く評価されています。住宅ローンを完済してしまえば、家計の支出のうち住居費が占める割合が少なくなるので、ゆとりのある生活が期待できますよね。

分譲マンションはまた、賃貸物件に比べて設備が充実していることもメリットです。建物自体の構造がしっかりしていますし、快適な生活に欠かせない各種設備が整っています。マンションなのである程度の制約はありますが、自分たちのライフスタイルに合わせて、内装を変えたり設備をグレードアップさせたりすることも可能です。

マンションを賃貸するメリット

マンションを賃貸している人の意見としては、引っ越しのしやすさがメリットにあげられています。賃貸契約を結んでいるだけなので、その時々の状況に応じて、新しい賃貸マンションへ移り住むことができます。近い将来、仕事の都合で転勤になることも珍しくありません。

マンションの住人たちと価値観が合わず、生活しづらいと感じることもあるでしょう。賃貸派のなかには、気分転換をかねて、契約更新のタイミングで引っ越しを繰り返しているという人もいるそうです。また、家族構成が変わったときにも、賃貸マンションなら柔軟に対応することができます。

子どもが生まれた場合はファミリー向けの広いマンションを、反対に子どもが巣立った後は、最低限の広さのマンションに引っ越して家賃を抑えるという選択肢もあるのです。このように、マンションを購入せずに借りることで、場所に縛られない自由な生活が実現できます。

マンションの購入には住宅ローンが必須

マンションを一括で購入するのは、ごくまれなケースですよね。何千万というお金を用意するのは難しいので、住宅ローンを組むのが一般的です。35年ローンと聞くと、「そんなに長い期間にわたって支払い続けるのか」とうんざりした気分になるでしょう。

しかし、賃貸マンションは家賃を35年間支払い続けても自分の資産にはならないので、長い目で見ると、資産になる分譲マンションのほうがお得に感じられるかもしれません。例えば、30歳のときに35年ローンでマンションを買ったとすると、65歳までに住宅ローンが完済する計算になります。

65歳ということは、定年退職後の第二の人生をおう歌している頃でしょうか。一方で賃貸マンションの場合は、定年してからも家賃を支払わなければなりません。給与収入がなく年金だけでまかなっていけるのか、老後の生活を心配する声もよくあがっていますよね。

マンションを若い頃にがんばって購入しておくことで、老後の住居費の負担をぐっと抑えることができ、大きな安心感が手に入るというわけです。

ただし、マンションの場合は、ローンを完済しても月々のランニングコストが発生します。管理費や修繕積立金などを支払い続ける必要があるからです。意外と盲点になりやすいところなので、気をつけてくださいね。

マンションを所有すると税金がかかる

土地や建物を所有していると、固定資産税を支払わなければなりません。1月1日の時点で、土地や建物を所有している人が対象です。もちろん、分譲マンションを購入した人も該当します。この固定資産税は、一度支払えば終わりというものではなく、毎年支払う義務があります。

要するに、マンションを売るなどして手放さない限りは、固定資産税を毎年納めていくことになるのです。建物部分に関しては、築年数が古くなるほど、税額が下がっていく傾向にあります。新築で購入したマンションであっても、経年劣化の影響によって評価額が次第に下がっていくからです。

ちなみに新築の場合は、減税措置が受けられるケースもあります。これに対して賃貸マンションは、あくまでも借りているものなので、固定資産税は一切かかりません。月々の費用としては、管理費や共益費、家賃などがあげられます。

また、賃貸契約時には仲介手数料や敷金などが請求され、その他には引っ越し費用なども必要になりますよね。

マンション購入の意外な落とし穴

老後の安心のためにマンションを購入しても、予想外の出費に頭を抱えることもあります。それは、部屋の修繕費用です。新築で購入した場合は、すぐにメンテナンスが必要になるケースは少ないかと思います。しかし、年数が経過していくにつれて、経年劣化によりあちこち不具合が出始めるでしょう。

例えば、フローリングや畳のいたみが目立つようになったり、壁紙がはがれてきたりします。キッチンや洗面台などの水回りは、経年劣化によるダメージを受けやすい場所です。若い頃に新築で買ったマンションが、定年退職後に大がかりな修繕が必要になるケースも多く見受けられます。

老後に困ることがないよう、あらかじめ修繕費用を確保しておきましょう。

購入したマンションをより高く売るコツ

購入したマンションを所有し続けることが難しくなった場合は、売却するという選択肢も考えられます。マンションを売るときも、不動産会社に依頼するのが一般的です。マンションを売りに出して、購入希望者との売買契約を締結するまで、売却に関する一連の流れを不動産会社が仲介しています。

つまり、選んだ不動産会社によって、売却価格に差が出るということです。より高く売るためには、複数の不動産会社に査定してもらうことが一つのコツになります。どのくらいの価格で売れそうなのか、相場を把握するのにも役立つことでしょう。

査定結果を比較して、高い査定額をつけた不動産会社をピックアップしてください。ピックアップした中から、中古物件の売買実績の豊富さや、実際に利用した人の評価なども考慮して、信頼できそうな不動産会社を見極めましょう。

また、将来売る可能性を見越して、交通アクセスの良いエリアや駅近のマンションを購入することもポイントです。交通利便性に優れた中古物件は人気があるため、より高い価格で売れやすいといえます。

→マンション売却に必要な基礎知識を身に着けるには